強行採決と民主主義

前回、改正入管法の問題について考えてみましたがこの入管法といいいわゆる水道の民営化法といい最近国民の生活や社会に関わる重要な法案が次々とほとんど十分な審議もないまま強行採決という形で国会で可決されています。 これは最近の重大な傾向だと思いま…

入管法から排外主義へ?

近頃いわゆる改正入管法が成立しました。 他の近頃の法案同様、十分な審議なく拙速に強行採決での可決です。 どうしてこのようなものができたのかいろいろな議論があるとは思います。 私が思うに要するにこれは外国人労働者を優遇してあげようとか国際化しよ…

母なる大地に毒を撒くのか?

最近とても気になることがあります。それは除草剤の使用です。 2004年に高島でmidori-yaを開業して以来、私たちは自ら食する野菜を作るために無農薬かつ有機肥料を使ってなるべく自然農に近い形で農園を自ら運営してきました。 その頃から高島で使われている…

ロシア革命100周年によせて

今日はロシア革命100周年です。1917年11月7日世界で初めて社会主義革命が起こった日から100年。京都新聞が特集記事を掲載していました。私の大学時代などは周りに右翼も左翼もいて政治のことについて議論することが多かったです。時代を感じますね。当…