8.7 高島自衛隊フェスタに思う

 明日87日、ここ高島市で「自衛隊フェスタ」なる軍事式典が開催される。なんと、市が多額の費用負担を行って主催するのだ。この地に在る「饗庭野演習場」は、帝国陸軍時代からの伝統があり、地元には自衛隊関連産業も少なくない。隊員の家族も多い。一様に自衛隊に対しては、親和的な地元民が多い。行政も極めて自衛隊に対して協力的で18歳名簿をわざわざシール化までして自衛隊へ差し出したり、戦車隊の縮小が取り沙汰された折には市長が昔ならいわゆる師団長→参謀本部→陸軍副大臣まで次々と素晴らしいフットワークで訪問して「戦車さん出て行かないで」と陳情。高島は、ある意味沖縄以上に「基地の町」だ。そんな土地柄で、かの行事が挙行されるのはある意味極めて自然体なのかも知れない。

 地元のスーパーで夕方に食品を大量に買う制服姿の陸自隊員やコンビニで夏、アイスキャンデーを食べながら笑顔で花火を買っている若い自衛官たち。ピカピカに洗車されたオートマの軍用車。クーラー付き。私が「オートマって戦場でスタックしたらヤバイんとちがうか?これ。」って聞いたら、「いや。僕ら、動けんくなったら引っ張って出してもらうことしか考えてませんよ。」って明るく答えてくれた。血みどろの戦場とは、全く無縁な、だけどちょっとだけ硬派なカッコ系の若き公務員さんたちの姿を私も高島に移住してから見てきた。

 憲法9条。かつて、「戦後」という言葉がそのままあてはまった昭和の一時、当時の首相(確か池田勇人だったか?)が防衛大の卒業式で学生たちに「君たちは、これからいろいろな場で肩身の狭い思いをすることがあるかも知れない。けれど、それはこの国が平和だということの証なのだ。そのことを心に刻んで日々の仕事に取り組んで欲しい。」旨、挨拶した。

 今、どうだろう。この湖西の地で。肩身の狭い隊員はおそらく一人もいないだろう。明日には、晴れの舞台も待っている。この国の人々は、そしてこの高島の人たちは自衛隊とは軍隊である以上、一体どこの国と戦争をすると考えているのだろうか?いわゆる「領土」の防衛の方法はいろいろあると思う。自国の軍隊で守る・保安力のみで守る・同盟国または「本国」の軍隊に守ってもらう・・・9条のような宣言をして捨て身で行く・・・いろいろだ。9条で完璧に国の平和が守れるか?正直、私は「判らない。」

 ウクライナ戦争を契機に9条反対論が高まった。やはり国防のための軍備は必須だと。「きれいごと」のメッセージは、平和ボケたちのたわ言だと。そうかも知れない。でもかのヨーロッパロシア地域での近世稀に見る大戦争から1つはっきりしているのは、いくらウクライナのように国防の軍備を強力に備え、民兵組織まで整備し、国民に国防の士気も高くとも、戦争になってしまうような関係が他国との間に生じてしまえば必ず戦争になってしまうということだ。軍事力では、国は守れないということだ。国土が戦場となり、山河も荒れ、産業も人々の暮らしも破壊され、罪もない多くの人々が毎日何百人と死んで行く・・・。軍事的には、むしろ弱小な国の方から戦いをしかけて来ている例も世界には多い。どうやればこの東洋の島国の平和を守れるのか、一筋縄では行かないと思う。軍備だけでも9条だけでもなく・・・。

 当たり前だけど、一番大切で前提的なのはアジアの近隣の諸国との対話的な積極的な外交交流努力だろう。公私を問わず。そうして「戦争なんかありえない。」という当然のようなムードをアジアの中で作り上げていく地道な外交努力、又、民間での努力だろう。「月並みなことを言うなあ。」と思われるか?って・・・。月並みではないと思う。今のこの国では。むしろ逆のこと。つまりアジアの隣国との緊張を助長する言説やトゲトゲしいことをすることが愛国的な美徳なことのように感じられる危うさがある。こういうことを積み重ねると、ホンの小さな「事故」のようなトラブルが、もし良好なムードの国同志なら笑い事で済むようなささいな出来事が、戦争の直接の引き金になるものだ。歴史を見ればそれは一目瞭然だ。今、私たちはそんなことを本当によく考えて、ブルーとイエローの2色旗ばかり振っているのではなく、むしろアジアのお隣さん、その又お隣さん方たちとの「むつみ」を築かねばならないと思う。

 そう考えると、明日の軍事式典はいかがなものなのであろうか?「先制的自衛」の為の「敵地攻撃」と言う考え方が近頃、随分もてはやされている。特に政府の中心人物や国民民主党のお偉方たちの間で。日本人は、昔から先制攻撃好き、奇襲攻撃好きだ。桶狭間川中島鵯越も、又、当然かの真珠湾も、全て先制奇襲攻撃だ。むしろそれを「ひきょう」ではなく、「痛快至極」と考えている。でも今のこのご時世「先制」でミサイル?とかやっても一発で敵国全土が灰になるような人類破滅的な核攻撃でもない限りは必ず強烈な反撃が「敵国」とやらから来るだろう。そのミサイルたちが降り注ぐのは、まず日本の軍事拠点の中でも重要なここ高島だろう。あまり楽しい話ではない。

 先制は無限に先制を呼ぶ。無意味なアイデアだ。こんな基地の町に住む私たちこそ、どうやれば平和が保てるのか日々考えねばならないと思うのだが・・・。砲撃訓練の時は、高島じゅうに轟音が響く。まるで戦場のようだ。本当に不快至極だと思う。陸自の下請け仕事をしている、とある市中の土建業者の社員さんが「あの大砲、一発撃ったら大体65万円らしいで。」って話してくれた。「大きい音するけどなぁ、北朝鮮があるし、やらん訳にいかんしな。」ととあるお年寄りの一言。10発で650万、百発で6500万。23日分の大砲のタマ代ですぐ小学校1つ位建つ。軍隊って本当に金のかかるものだ。古今東西そうだ。「それでもいい。」と本当に国民が納得できる軍隊なのだろうか?

 自衛隊とは?もとは警察予備隊だったものを「防御力整備計画」なるもので世界でも指折りの強大な近代軍に仕立てたのは山下元利氏。地元マキノ町の英雄。「大先生」だ。この地で自衛隊に批判的なことを言えば、「共産党」と言われるだけだ。(私は共産党党員でも支持者でもないが・・・。)でも、もし自分の夫や息子や兄弟が自衛官だとして、その大切な人が戦場に赴いて、手がとれたり、足が切れたり、腸が出たりしているのはどう思うのだろうか?戦争とはキレイゴトではない。そういうことは、いわゆる「アウトオブ眼中」なのだろうか?でも本当に戦争になれば、必ずそういうことは起こる。必ず。心も壊れるかも知れない。「戦争になったら・・・」ではなく、決して戦争にならないような日本の立ち位置を万全の努力で保持して行くのが、日本のリーダーの使命であり役割だと思う。だから私は、ゼレンスキーなど全くカッコイイとも偉いとも思わない。「失敗をしでかした奴」ただそれだけだ。私たち国民一人一人も決して戦争などあるものか、あり得ないという決心で日々生活し、発言して行かねばならないと思う。「これからは、戦争なんかもあるかも知れんなぁ。」とかつぶやくのが、既に負けだ。不努力だ。クソだ。アホだと思う。そう思うから戦争はやってくるのだ。

 もう一つ、軍隊について是非考えないといけないと思うことがある。とある自衛隊の隊員募集ポスターのタイトルに「国家を守る公務員」とある。正しく言い得て妙だ。その通りだ。素晴らしいポスターだ。誠意に満ちたポスターだ。その通り、軍隊とは国家を守るものであって、国民を守るものでは決してない。ガソリンやタマと同じように国民=人間というリゾースを消費して戦い「国家」を守る組織だ。ならば、その国民としては本当に自分の大切な人が消費されるに価するだけの「国家」かどうかというのは、とても大切なことのはずだ。「こんな国の為に死にに行くなんて。」ではいけないはずだ。当然、そこではその国の政治を司っている指導者たちへの信頼・評価が不可欠になってくるだろう。「こんな奴らの為に死ねるか?」では・・・。

 でも、ここで考えねばならないことが1つある。軍隊とは、国家を守る為にある。その敵とは1つは外敵=「侵略国。敵国。」もう1つは、国民だということだ。ミャンマーを見ればそれは、よく判る。ミャンマー軍部の国民への暴虐ぶりは筆舌に尽くしがたい。軍部は自らが正当政府=国家であるという立場をいったん取った以上、反逆する国民は全て敵として攻撃しているのだ。全世界から重大な人権問題として非難の集中する中、今年も我が国の防衛大はミャンマー軍部の若手を入学させ、士官教育を行っているのだ。又、近頃、9月に予定しているかの人物の「国葬」とやらに、なんとミャンマー軍部の指導者をミャンマー代表として招待することを通知したのだ。その結果、軍部は反軍政治活動の指導者を4人一挙に死刑執行した。大胆な所業だ。世界の人権団体等からも非難が集中した。恐らく我国の「招待状」に自信を深めたのだろう。正当政府と日本から「お墨付き」をもらったと。およそ軍隊というものは、どんな時代のどんな国のどんな型の軍であろうと国民と共に在るものではないと強く感じる。ちなみにミャンマー軍部をかつて近代軍隊に仕立て上げたのは、他でもない我国だったのだ。彼等の先輩は、「帝国陸軍仕込み」の軍人だったのだ。

 軍部独裁の場合は、当然だが一応政府なるものが軍とは別に在ってもその政権に対して、その存立を脅かすような場合、軍隊は国民を敵と見做し攻撃する。これは、どこでも起こってきたことだ。(戦前の憲兵とか考えれば一目瞭然だが)今の日本人は、どうも自衛隊に対し、そういうイメージを持ちにくいらしい。これは、とても危ないことだ。よく「軍隊は、番犬のようなものだ。いてくれると安心だ。」というけど、私は今の自衛隊位の強度になると体長7m位の巨大なドーベルマン犬を飼っている感覚だ。いつ暴れ出すかと考えるだけで、恐ろしくて仕方ない。絶対必要だという確信が持てないのなら余り持たない方がいい。軍というのは、扱いに困る代物だ。シビリアンコントロールという原理がその首の綱らしいけど一発で嚙み切られそうな危うい綱だ。

 近くのコンビニの駐車場で夏の日にアイスキャンデーをニコニコして食べている人の良さそうな陸自のにいちゃんを見ていると、みんなピンとこないのだろうが、それと軍隊の本質というものとは別だ。どうもこの高島の人々は、そこを誤解している気がする。とても基本的で単純なことなのだが、いくら善人の集団でも集団で襲ってくるなら、それは強大な暴力装置だ。明日、ブルーインパルスのブルーは一体、どんなブルーなのだろう。爽やかな青?心から蒼白になるような青?とても複雑だ。私は観たくない。

 最後にとても大切なこと。今日は8/6。広島の原爆投下の日。人類史上初めて、この国は核攻撃を受けた。アメリカの「軍隊」によって。あの原爆投下に怒りを感じない日本人が少なからずいることに私は強い驚きと違和感をいつも感じている。高島の人たちもどうなのだろうか。心の中は、明日のブルーインパルスばかりか?自衛隊とは軍隊だ。USJでもディズニーでもない。キノコ雲でも空に描いてもらえばわかるだろうか。

 

安倍元首相の国葬に反対します。

 安倍元首相については、その評価は国民の間で大きく分かれていると思う。例えば「アベノミクス」については、「素晴らしい!」と賞賛する人がいる一方で「庶民の暮らしは何も楽にならなかった。」という声も強い。「森友・加計・サクラ」の疑惑事件の数々についても「政治の世界なんて所詮色々あるもの。下々がとやかく言っても仕方ないし。」という態度の人もいるが、「あんなの外国だったら内閣10回位、総辞職しているのと違うか?とっくに彼も牢の内のハズ。」という声も。私は、端的に言って後者。彼が「国を挙げて」弔いの儀式をするに価する男とは全く思えない。

 数々の疑惑が解明されていないまま、その責任を果たさず死んでしまったことについて「残念」と思うだけ。国の「予算」を組むのではないので閣議決定だけで国葬にすると言うのだが、内閣の「予備費」とてれっきとした「公費公財」、国民の為、国全体の為、社会の為に使うべきものだ。当たり前の話だ。

 この未曾有のコロナの大拡大の時勢に喫緊の課題は、感染対策ではないのか?そういうことの為に緊急に使う為に国会決議の必要のない予備費が行政府たる内閣に在るのではないのか?それを何のコロナ対策も打ち出さず、とっとと「国葬」を閣議決定。怒りで一杯だ。余りに国民をバカにしている。今回の件で彼(安倍元首相)の「ご努力」によって、政界の宗教汚染がこれ程までに進行していることも明らかになった。「公明党創価学会の党」なら「自民党統一教会の党」か?自称野党も同様だ。

国葬」断固阻止を叫びたい。そもそも「国葬」というもの自体が民主主義の精神に反するものだいう見解もある。もし、彼の「国葬」とやらが強行されれば、それは「まともな国がアジアの中で一つあえなく消滅すること」を示す。「国」そのものの葬式なのだろう。

p.s.それと今回の銃撃っていうのは、いわゆる「怨恨ごと」であって断じてテロリズムではないと思う。いわゆる自称リベラル派メディアまで「テロ断固反対」とか良い子ぶっているが、とてもアホらしい。テロリズムというものについての私見は、又追って話したいと思います。 

五輪強行こそ反日

「五輪に反対するのは反日」?

馬鹿げたセリフにだまされてはいけない!

NYタイムズの言う通り五輪強行の目的は3つ。

「1に金2に金そして3に金」だ。

国民なんかどうなってもいい。

政府にとってはやりさえすればそれで利権集団から文句を言われないから、即ち「安全安

心」なのだろう。自分たちが。

真にこの国を愛しこの国の人々を大切に思うなら、五輪中止を唱えるのが本来。

おのれの利権の為なら国を乱し民を虐げ世が乱れても構わないと五輪を強行せんとする

「安倍一味」=「現政権」これが真の「反日」だ。

「日本」に背くんじゃない。『現政権』に反論を唱えるなら誰でも「反日」。

福島の未だ残る問題を指摘しても「反日」。

五輪に疑念を示す天皇までも「反日」なのだそうだ。連中によれば・・・。

もうこんな政権はこりごりだ。

直ちに五輪中止を!そして政治の総入れ替えが必須だ。この国は。

「五輪中止」を叫ばねばならない本当の理由ー可否を決めるのは私たち

スペイン風邪の最中でもオリンピックはやっていた。やろうと思えば出来る。」竹中平蔵が言ったそうだ。

その通りだ。やろうと思えばオリンピックなんかどんな時にでも出来る。
たとえ「関東大震災」の直後でも焼け跡に石灰で白い線だけ引いてやれば「出来る」だろうし、B-29焼夷弾を落としている最中でも爆弾をよけながら走れば「出来る」だろう。「それなりに」。
でもそんな風にしてでもやるべきものかどうかというだけのことだ・・・。今回も又、そうだ。
まともに考えれば「NO」というのはわかるはずだ。既に大半の人は判っている。

なのに未だ止まらない東京五輪
もし今回、強行されればそれによってどんな恐ろしい悪影響が出るか?感染拡大が生じるか・・・?多くの人々が論じている通りだ。専門家も明確に指摘している。
海外の人々も十分わかっていて警告してくれている。国連も賠償金なしでの中止を提言している。G7?あれは「お宅やるなら勝手にやりなさいよ。まあ、ご自由に・・・」と無責任に言っているだけだろう。

今、ここで私が言いたいのは今回の五輪の強行をもし私たちが許してしまったなら、コロナの拡大だけでなくもっともっと恐ろしい病魔がこの社会にはびこるだろうということだ。
その病魔によって政治は「国民なんてテキトーなことを言っておけば大丈夫。いくら嫌がっていても『抵抗』なんかできない。『やってしまえば』おわり。」という下劣な開き直りをこれまでにも増して徹底的に習得する。かなり天文学的な馬鹿にされ方だ。
一方で多くの「国民」は「いくら言っても所詮無駄。『やられてしまう』だけならいっそ楽しみにしとけばいいんじゃないの?直接被害ありそうなのって都民さんだけだろうし・・・悪いけど。」と言うこれまた下劣なあきらめをこれまでに増して、骨の髄まで習得してしまう。かなり天文学的な奴隷根性だ。
そしてあらゆる不公平や不条理に対して鈍感で怒りすらおぼえなくなっていく人々。

とにかく五輪という「興行ごと」をこなせば大金の入る利権が一般人の安全と命をおびやかそうとしている。そしてそれを止められるか否かというのが、今般の五輪の是非の本質だ。なのにそれが「アスリートだけが尊いのか?」「いやかわいそうだ」などといった議論にすり替えられている。意図的に。

一旦スタートしてしまえば、連日無様な失態が続出して世界に恥をさらすか、それとも「それなりに」事もなげに進行していくかは別として、とにかく「出来てしまう」のだろう。間違いなく。

そして多くの日本人は「オリンピックゲーム」(私は本当に一秒も見たくないし、又見ないけど)とやらをTV etc.で少なからず熱心に観るのだろう。でもだからと言ってそれが多くの国民が五輪を肯定した証には断固としてならない。(猪瀬よ、よく判っておけ)
もし、この夏東京で「サーカス祭り」であろうが「裸おどり大会」であろうが、世界規模な「見世物」が催されれば多くの人は「観て」「暇つぶしにする」だけのことだ。
昭和の有名なギャグ「コ・マ・ネ・チ!」を産んだように・・・。オリンピックって所詮コマネチなのだろう。私たちにとって。

今こそ、はっきりこの国で生きる者として「中止」を叫ぼう。そして止めよう。
東京五輪の強行を。
私たちがこの国の主体であり、本体であることを自覚し、示すために。
私たちはどうにでも出来る無一物などではないことを示すために。
五輪中止を叫ばねばならない本当の意味はここにある。

「五輪の為に犠牲を!」だと?

「ぼったくり男爵」よ、とんだ勘違いと言うものだ。

人類がその明るい未来を実感し、国境を越えて政治の壁も超えてすがすがしく調和できる状態の下でオリンピックとはやるべきものだ。そして人間としての肉体の健全さと可能性を人々が実感できるようにするものだと思う。

今、この苦しい状況下で世界中の人々が無理をして不全な形での五輪を強行することはむしろオリンピックの精神に反するのではないか?
いくらきれいごとを並べても奴の本音は判っている。米国のTV放映権収入がフイになると困る。ただそれだけだ。その時には日本から「ぼったくろう」と。

芸術も音楽も教育も学問も全てが忍耐を受け入れているこの世界の中で、何故オリンピックだけが「OK」どころか「MUST!」なのか?全く賛同できる根拠は見当たらない。一体、五輪って宗教なのか?殉教しろってか?

どうしてあんなにバッハは強行にこだわるのか?もし中止なら余程彼自身に困ったことが起きるのだろうか?そうなのかも知れない?
例えば、TV放映の収入を「当てこんで」既に大手の投機組織と契約して巨額の先物相場取引か何かで大儲けを企てているとか・・・
もし、五輪中止になってその投機入金が出来なくなったらその業者から「不履行」として訴えられ『こと』が公になるとか・・・。
そしてその投機話というのはIOCとしてではなくて、バッハやその一味が「公金」を流用して大もうけしようと企んでいるとか・・・

そんな憶測までが心の中に込み上げてくるほどだ。よくある話だ。その手の大組織には。「神々しそうな」お偉い方面ほどありえることだ。古今東西

私たち日本人がそんなものの「犠牲」になどなる必要は毛頭ない。
「中止」だ。政府よ、「中止」を今すぐ決定せよ。

やめよう五輪。ぼったくり男爵なんかこわくない!

日々深刻なニュースばかりのコロナ禍。見せかけの「脱パンデミック」見え透いている。

五輪の意義に正面から疑問を投げかけてくれたJOC理事の山口香氏。そんな彼女でさえも
「もう中止することすらできないほど手遅れな状況に日本は追い込まれた。」と。
でも本当に止めるつもりならいつでもやめられる、やめるべきものならばいつでも止めるべきだ。たとえ開会式の前日でも。

週刊文春に、とある「経済関係官僚」の本音として
「こんな状況でこの夏、東京でオリンピックが出来るなんて政府内の誰一人として思っていない。止められないのは多額の違約金が困るというだけの理由」とあった。
でも違約金なるものの額はどうやらシンガポール紙「ストレートタイムズ」によると約1630億円らしい。案外どうってことないなあ。その程度のものかと思う。
「使いものにならない」らしく一回も配備しないままお蔵入りのかのイージスアショアーは1つ2500億円×2コで5000億円なり!
たかが1630億円で国民の安堵と信頼と正面からコロナ対策にだけ向き合える状況が買えるなら安いものだ。国民一人当たりに換算すれば1000円ちょっと。この国の政府は日本人一人当たりに1000円ぽっちり出して国民の為の安全安心を目指すことすら嫌なのだろう。きっと。でもこんなことを決して許してはならないと思う。

私たち一人ひとりは、単に政府のリソースではないことを示さないと。決して無一物ではないことを今こそ示す時だ。

東京五輪のすみやかな中止決定を求めよう。

P.S. 第一、日本がこんな状況で違約金なるものを払わねばならない合理的な根拠などないことは国際社会が理解するに違いない。払う必要などない。
もし、五輪直前に首都圏直下型地震が襲って、東京が全滅したとしたら・・・
それでも違約金ですか?
コロナとて型が違うだけで同じ天災。むしろ地震以上に世界に対して危険。
強引な開催によって世界中に感染を広げ、災禍をおよぼすリスクがあるからだ。そんなことになれば、
放射能の次はウィルスか?世界の迷惑国、日本」
と罵られるだけだ。
もし日本が違約金を支払わないとしてIOCはどこのどの裁判所にそれを訴えるのか?そんなものに該当する司法機関など存在しない。又、不払いの際の執行を行えるような機関もない。違約金など気にする必要は全くないのだ。実は。

全てはこの国の政府の決断一つなのだ。全ての責任は日本国政府にある。
IOCは「中止する権限はIOCにはない。開催国の政府のみがそれを有している。」とはっきり述べているのだ。
IOCが止めさせてくれないから」という逃げ口上は通じないのだ。政府はただちに中止決断せよ。もはや猶予はない。
「中止」
今こそ呪いを解く時だ。

「聖火リレー」の中止を求めます

オーバーフローしている悲痛な医療現場。想像をはるかに超える第4波。
その中でこの3ヶ月後にオリンピック?

無理なのは明白。

私たちにとって止めるべきは当然。

 

何の手当もなく各地から無償で看護士を500人「徴兵」するって?
絶対NOと言おう。
東京五輪中止!今こそ当事者として声を直接上げる時。
でないとこの国民不在の「興行ごと五輪」は止まらない。

 

私たちは滋賀県の琵琶湖の西側の高島という、市街地も全くないのどかな田園地帯にいます。でもこんな所でも平和堂(地元の大手スーパー)で20人以上感染者が出たりと人々の緊張は高まってきています。

 

私たちの自営業のお客さんには何故か医療や介護の仕事に従事している方が多いのですが、日に日に皆さんの心の重圧感とはりつめた心境が伝わってきます。「でもなんとかがんばらないと」という御決意と共に。こんな田舎でもそうなんだから東京や大阪の皆さんの苦しさは想像に余りあります。

私たちみんなの命と安全の為、未来への希望の為、この五輪の「強行」に反対しましょう。今、直接あなたの身に危険がふりかかっていないように思えても。なってからでは遅いのです。その時初めて「これがコロナだったんだ。」と泣き崩れても・・・。


この湖西の高島でも来る5月27日にメタセコイア並木付近でいわゆる「聖火リレー」なるものが予定されています。「強行五輪」は更なる重篤な感染拡大と全国民への負担をもたらすに違いありません。


聖火ランナーのあなたにぜひ考えてほしい。
あなたは希望ある明日への先導者なのですか?
いいえ。あなたは地獄への道案内人なのです。
これは現地で直接感染の危険があるとかないとかいうだけの問題ではありません。

是非、辞退してください。

高島市での5月27日の「聖火リレー」の中止を求めます。』